«

»

2月 20 2015

そば打ち体験 3年生

●平成27年2月19,20日
3年目となる3年生を対象とした「そば打ち」体験を2日間で実施しました。
講師は学校にそば打ちを指導されている鵜蕎(うきょう)の会の皆さんです。
まずは、講師の方のそば打ちデモンストレーション。
そば粉を大きな鉢に入れ、水を徐々に加えながらこねていきます。作業の合間も子どもたちに語りかけ、子どもたちも集中をとぎらせることなく見入っています。
こねあがったところで、手で広げ、最後は麺棒をつかって円形を方形に整えます。
幾重に折り重ねたら、大きな包丁で細く切り分けます。
粉から蕎麦までの過程を一部始終見て、子どもたちも様々な発見をしたようです。
自分たちの番になると、今見た技を一生懸命再現しようとみんな真剣な取り組みでした。
お手伝いのお母さん方の力も借りながら出来上がった蕎麦は、初めてにしてはなかなかのものでした。
そして、茹で上がった蕎麦をみんなで試食。
自分で作った蕎麦は格別の味で、みんな一心不乱に食べていました。
お手伝いの保護者の皆様のご協力ありがとうございました。

さすが、蕎麦の先生・・・すごい技です。

自分たちでやってみると、見ているより断然難しい・・・お母さん方も蕎麦切りに挑戦しました。

ご指導いただいた方と一緒に給食を食べました。

公式サイトからの転載です)