«

»

2月 27 2015

感動の6年生を送る会…

●平成27年2月27日(金)
卒業式には出ることのできない下学年。今日は今までお世話になった6年生を送る会で、精一杯「6年生ありがとう」の気持ちを伝えました。
準備には各学年が協力して行い、司会進行は4年、5年生の計画委員で行いました。

下学年の待つ会場へは6年生が花のアーチをくぐって入場し、6年生を送る会が始まりました。

●トップバッターの3年生は、6年生の似顔絵と聞き取ったそれぞれの夢などをリコーダーの演奏のBGMにあわせて発表しました。似顔絵も上手に特徴をとらえたものでした。最後の合唱の歌声も大変きれいで会場が聞きほれていました。

 

●続く2年生、あすなろは「きつねのおきゃくさま 美浜南バージョン」を劇で発表。6年生が下学年にいろいろなことを伝えてくれたことがよくわかる劇でした。

 

●3番目の1年生は、ステージのスクリーンに6年生と1年生が仲良く並んだ写真を映し出し、やさしくしてもらったこと、かっこよかったこと、頼りになったことを大きな声で1人ひとりが発表しました。最後の歌も感謝の気持ちをこめたすばらしい歌声でした。

 

●次に登場したのは4年生。「うさぎと亀」や「浦島太郎」「3匹のこぶた」などの話を6年生の活躍にアレンジしての楽しい演出で、頼りがいのあった6年生に感謝の気持ちを伝えました。

 

●最後の登場は5年生。組み体操でさすが6年生と感じたことや、部活動などでいろいろ教えてもらったことを寸劇で表現しました。

 

●教職員も少ない練習時間でしたが、一生懸命取り組んだSEKAI NO OWARIの「RPG」を6年生にゆかりのある教員からのメッセージを織り交ぜながら披露しました。

 

●このあと、下学年から6年生へ色紙のプレゼントし、6年生からは自分たちで縫った「雑巾」がプレゼントされました。

 

●6年生からは、下の学年に向けて卒業を前にした心境を呼びかけで発表し、「最後のチャイム」を合唱しました。
下の学年からもらった「ありがとう」のメッセージにこたえて、心をこめた歌声でした。

 

●校長の話(要旨)
どの学年も「6年生ありがとう」という気持ちがこもった発表したね。感動しました。
そこには、6年生がこの一年の間に全校遠足やフレンドリータイムで下学年にやさしく接したり、クラブや委員会、部活動で頼りがいのある存在であったからこそ、心のこもったメッセージとなったのですね。
そして、この会を行うにあたっては、6年生の手を借りることなく会場の準備や司会進行などを下学年が協力して行ってきました。安心してこの後を任せられますね。
これからも6年生のお手本がみんなをここまでできるようにしてくれたことを忘れず、下の学年も次にバトンを渡すことを美浜南小学校の伝統にして頑張りましょう。

●最後は下学年の拍手の中、6年生が堂々と花のアーチをくぐって退場し、心温まる「6年生を送る会」を閉じました。

<参加者の感想> 

(地域の方々)
●とても心温まる会を見ることができました。下の学年の発表には「6年生ありがとう」の気持ちがたくさんこめられていました。
●どの学年の発表もすばらしいできばえで驚きました。特にどの学年も歌声がすばらしかったです。
●会の間、みんなが集中して取り組んでいたのに驚きました。

(下学年)
楽しかった、2年生のきつねの劇や、5年生の発表が特に良かった。(1年)
間違っちゃったけど、最後まできちんと言う事ができたので良かった。(1年)
歌を聞いていて、ぼくは泣いちゃった。(1年)
私のお兄ちゃん(6年生)の「何だっけ?」という台詞が良かった。(2年)
緊張して、花のアーチの係だったけど、少し間違えちゃった。(2年)
4年生の劇で「どらえもん」が出てきたのはおもしろかった(2年)
一人ひとりが発表するのでとても緊張しました。(3年)
あすなろの陸くんがとても大きな声でせりふを言っていたのが良かった(3年)
先生たちの踊りが良かった。(3年)
無事に6年生を送れてよかった(4年)
みんなの力でうまく発表できた(4年)
うけると思ったところがうけず、思ってなかったころでうけた(4年)
せりふを間違えないか緊張したけど、うまく言えてほっとした(5年)
2年生の劇と4年生の浦島が特に良かった(5年)
1年生が長いせりふをしっかり言えていたのに驚いた(5年)

(6年生)
先生の歌と踊りは盛り上がってよかった
感動しました。嬉しい気持ちで一杯になりました。
去年代表委員として自分が言った台詞を、5年生がうまく言えていたのが印象的だった。
3年生の似顔絵と私たちへのメッセージはとても感動しました。

公式サイトからの転載です)